SKULL SKATES(スカルスケーツ) について。

ブランドの設立は1978年。

現在も社長の P.D.(ピーター デュッカマン)がまだ10代前半の時。

設立時のロゴは今のロゴと違い イン アンド ヤンのマークをモチーフに

した‘G.N.C‘グレートノースカントリーというブランド名。

その頃、デッキテープをカットしていて出来たロゴが今のスカルスケーツの

原型。このロゴは約10分程で出来たという奇跡な一瞬。

80年代に入り、実兄のリックと共に(彼は有名なコメディアン)

カナダからロスにも販売網を拡大。

ファクトリーなども ロスに移し、ショップもロスにもオープン。

当時のスラッシュ系のスケートブームも手伝い、瞬く間に世界中で

有名なスケートブランドの1つに。

当時のライダーは今では他スケートブランドのオーナー、

レジェンドスケーターなどの有名な人物がずらりと名を連ねていました。

(クリスチャンホソイ、スティーブ オルソン、ディビッド ハケット、

デュアン ピーターズ、トッド スワンク etc,,,,)

またバンドとのコラボデッキも多数リリース。

(レッチリ、ソーシャルディストーション、バンダルズ、ギャングリーン etc,,)

当時の映画等にも多数提供。

(THRASHIN、MAX HEAD ROOM など)

この時期に ハードコアスケートブランドの地位を確立。

日本では 下北沢にあった‘バイオレントグラインド‘

などコアなスケートボードショップなどで発売されていて

影響を受けた人も多数。

90年代に入り、ニュースクールブームと共に ランプ、ボール、プールなどから

ストリートスタイルに流行は移り、その時期と同じくして 大きくなりすぎた会社を

昔の様に戻す為、ロスを撤退し 再度カナダに戻り少量体制にして

現在の様な形となります。

L.Aから撤退後、ブランドが無くなってしまったと思っていた人が

世界中に居ましたが カナダで止まる事なく営業し続けています。

80年代〜90年代には スノーボード界にもいち早く参入して

恵まれたローカルの山でのテストを繰り返し行い、他の何処よりもこだわった

ボードをリリース。

近年はスキムボードなど新しいジャンルにも積極的に参入。

面白い、作る、極める、と今までと

同じ様に極単純なベースによりリリースを続けています。

スカルスケーツは過去の栄誉のみにとらわれたブランドでは無く、

長い歴史の中で良い物を残し、新しい物も吸収しながら

そこにP.Dの独創的な世界感が交わり

全く別物の斬新なデザインの物を作りつづけています。

その為、他ブランドが‘売れないから作らない!‘

需要が無いから作らない!‘などの理由で

作らない様なサイズやデザインなど独特なアイテムでも

多数 お構い無くリリースしています。

(ショッピングページ等ご覧頂ければわかりますが

デッキも他ではリリースしない様なサイズな物等多数です。)

ちなみに 袖にロゴが連打で入ったりしているパターンは

SKULL SKATESが最初に施したデザイン。

立ち上がっては消えていくブランドの中でも

SKULL SKATESは これからも 時代、流行に左右されずに延々と

続いていきます、、